頚椎椎間板ヘルニアの治療メソッド|正しく理解して症状改善

癌性胸膜炎の治療

マスクをした女性

癌性胸膜炎は、がん細胞が胸膜と呼ばれる部分に広がり胸に水がたまってしまう病気のことを言います。癌性胸膜炎を引き起こしてしまう原因としては、肺がんが最も多いです。他にも胃がんや乳がん卵巣がん、膵癌などの悪性腫瘍が原因でも癌性胸膜炎は発症してしまいます。癌性胸膜炎の症状としては胸の痛み、咳、胸に水がたまることによる呼吸困難などがあります。

継続する咳が原因の胸の痛みや呼吸困難の症状があり、癌性胸膜炎の疑いがある人は、早い段階で病院を受診しましょう。始めは内科を受診しておくと良いでしょう。普段からタバコを吸うという人は、肺がんが原因の癌性胸膜炎の可能性もあるため内科を選択しておくと無難です。病院での癌性胸膜炎の検査方法としてはX線検査を行ない、胸に水がたまっているかを確認します。確認できたら胸腔穿刺という針を使った検査で、胸の中の水の中にがん細胞がいるかどうかを検査します。これらの検査の他にも胸腔鏡を使用して病変部位を検査するという方法もあります。

癌性胸膜炎の具体的な治療としては、胸腔ドレナージで胸水が減ったことを確認した後に、抗癌薬やピシバニールを注入します。これは胸の中に再び水がたまることを防ぐ役割があります。これらの治療を行なうのと同時に、喫煙や飲酒の習慣がある人は、生活習慣を見直すということも重要です。また栄養バランスを整えて、身体の健康状態を改善させ免疫力や体力を向上させるのも大切なポイントになります。