頚椎椎間板ヘルニアの治療メソッド|正しく理解して症状改善

在宅医療という選択肢

医者

がん治療を行なっていく中で、世田谷区では在宅医療を選択する患者さんが増えています。在宅医療とは住み慣れた環境で医療行為を行なうことを言います。末期がんの患者さんや、残された時間がわずかな患者さんの場合、リラックスできる環境で過ごしたいという思いから在宅医療を選択することも珍しくありません。では実際に世田谷区周辺で在宅医療を行なう場合、何を準備したらいいのでしょうか。患者さんの病気の種類や、症状によっては様態が急に悪化することも考えられます。そうした事態に備えるためにも、在宅医療について正しい知識を身につけておきましょう。

まず在宅医療では主治医の他にも看護師、薬剤師、理学療法士などのスタッフが在宅医療の拠点となる住宅に定期的に訪れてくれます。在宅医療では医師が常に患者さんの状況を把握する必要があるため、綿密な医療計画や医学管理、経過検診が重要なポイントになるのです。また患者さんの状態によっては、ケアマネジャー、介護師と密にコミュニケーションを取ることが必要になります。また在宅医療では複数の専門医や世田谷区地域の各病院との連携体制も重要になります。在宅医療を行なう際にはそういった世田谷区の医療機関同士のネットワーク構築状況も事前に確認してきましょう。また在宅医療にかかる費用の把握も忘れずにしておきましょう。在宅医療の種類によっては保険診療を選択することが可能です。その際には対象者の年齢によって月額の標準負担額が異なります。また基本負担額とは別に各種書類の作成費や薬剤費が別途で発生することもあるので確認しておきましょう。