頚椎椎間板ヘルニアの治療メソッド|正しく理解して症状改善

癌性胸膜炎の治療

マスクをした女性

癌性胸膜炎は肺がんや胃がんなどの悪性腫瘍が原因で胸部分に水がたまってしまう病気です。癌性胸膜炎の可能性がある場合は、早い段階で病院の内科を受診し適切な処置を受けましょう。

Read More...

内科クリニックで禁煙

病院

伊丹市の内科クリニックでは、タバコを効率良く辞めることが出来る禁煙外来が人気です。ヘビースモーカの人でも正しく治療を行なうことでしっかりと禁煙を成功させることが出来ます。

Read More...

ヘルニアの改善方法

腰痛

頚椎椎間板ヘルニアは不意にその痛みが訪れます。首や肩を動かした時や、ちょっとした負荷が頚椎にかかった際に激痛が走ります。頚椎椎間板ヘルニアは頚椎部分の他にも、腕部分の痛みやしびれなどの症状を感じることがあります。頚椎椎間板ヘルニアは、普段の姿勢や動作の他にも、遺伝的要因が原因で発症してしまいます。デスクワークのような首に負担がかかる姿勢が続いた際や、首に負担のかかるスポーツなどが原因でも頚椎には大きな負荷がかかってしまいます。そのため普段の癖が頚椎椎間板ヘルニアを引き起こしてしまうのです。

頚椎椎間板ヘルニアの治療方法としては、基本的に保存的療法と呼ばれる治療方法が選択されます。保存的療法では、頚椎牽引療法や、頚椎カラー固定治療があります。また理学療法では頚椎マッサージなどの治療方法が行なわれることもあります。これらの頚椎椎間板ヘルニアの治療は、方法を間違えると逆に症状を悪化させてしまうことがあるため、患者さんの症状の経過を観察しながら選択していく必要があります。また頚椎椎間板ヘルニアの痛みが激しい場合は、筋弛緩剤や消炎鎮痛剤を利用して痛みやしびれを緩和させる治療を行なうこともあります。

保存的治療を行なっても症状が改善されない場合、手術療法を用います。手術療法の種類としては、頚椎前方到達方を行ないます。手術は現在の症状の進行を悪化させないのが最大の目的になります。手術後は約2週間の入院期間が必要となります。また退院後も2週間に1度のペースで検査や症状の診断を行ない、術後の経過を観察しながら様子を見る必要があります。仕事や職場への復帰は2ヶ月を目安にしておくと良いでしょう。

在宅医療という選択肢

医者

世田谷区では在宅医療を選択する患者さんの数が増えています。在宅医療を行なう上で重要なのが、周辺地域の医療機関の密なコミュニケーションです。医療機関の垣根を超えたネットワークの構築がポイントになります。

Read More...